わたし定時で帰ります6話ネタバレ感想!種田は独立するのか!

吉高由里子さん演じる結衣と向井理さん演じる種田の恋の行方が気になるドラマ「わたし定時で帰ります」

今回はドラマ「わたし定時で帰ります」6話のネタバレと感想、ロケ地と視聴率を紹介します。

壁にぶつかりながらも、一人一人が自分らしいスタイルを見つけ、成長していくお仕事ドラマ。

ドラマ「わたし定時で帰ります」6話は種田(向井理)がメインのストーリーになります。

種田さんのどんなトラブルを解決するのでしょうか?

わたし定時で帰ります6話のあらすじと予告動画!

☆ドラマ「わたし定時で帰ります」の6話の予告動画はこちら


☆ドラマ「わたし定時で帰ります」の6話のあらすじはこちら

晃太郎(向井理)の独立の噂を聞き、動向が気になる結衣(吉高由里子)たち制作4部のメンバー。

そんな中、新規の案件で来栖(泉澤祐希)がディレクターデビューすることが決定するが、なかなかうまくいかない…。

一方、結衣は巧(中丸雄一)を連れて上海飯店に行き、王丹(江口のりこ)らに結婚の報告をする。

そこに、偶然晃太郎がやってきて…。

わたし定時で帰りますの6話ではついに種田の独立の噂が会社で流れました。

種田は本当に独立してしまうのでしょうか?

☆わたし定時で帰りますの6話を見逃した方はこちら
わたし定時で帰ります動画6話の見逃し配信を無料で見る

☆わたし定時で帰りますの1話~5話を見逃した方はこちら
わたし定時で帰ります動画1話~最新話を無料視聴する方法は?

わたし定時で帰ります6話のネタバレ!種田は独立するのか!

わたし定時で帰りますドラマ5話では、クライアント先のパワハラ、セクハラを撃退した結衣。吾妻もだいぶ他の社員と馴染み、笑顔が増えてきました。

ここからはドラマ「わたし定時で帰ります」6話のネタバレ込みのあらすじをお届けします。

種田の独立の噂

結衣、来栖、三谷、賤ヶ岳、吾妻は、種田晃太郎の独立の噂を話している。

賤ヶ岳情報によると、ネットヒーローズのライバル会社のベーシック・オンの大貫が独立し、種田を共同経営者として迎え入れる話があるという。

種田も大貫も部長の福永の元で働いていた過去があるらしい。

福永はこの噂を耳にしたのだろうか。種田をにらむような目つきで見ている。

来栖、ディレクターデビュー!

新規案件のミーティング中、結衣は種田が本当に独立するのか、本当にいなくなってしまうのか…上の空。

そこに来栖がディレクターをやらせてほしいと立候補。独り立ちしたいという来栖。

種田の独立の話を聞き、何か思いが芽生えたのだろうか。

「やってみろ」種田は快諾。

先輩の賤ヶ岳は、希望に満ち溢れている来栖にアドバイスする。

「最初は真似をする。そのうち自分のスタイルができてくるよ」

種田と大貫の会食!独立の話?

種田とベーシック・オンの大貫はレストランにいた。

仕立ての良いスーツの大貫に対して、種田はいつものパーカースタイル。

恰好こそ差があるが、二人の間にある仕事への思い、夢は同じだ。

独立について、まだ種田は決めかねているのか。

正式な返事がほしいという大貫は「福永を二度も裏切れないってとこか?あれは福永の自業自得でお前のせいじゃない。福永は経営者の器じゃなかった」という。

黙って話を聞く種田…

「独立とは別に、相談にのってもらえないか?」

種田の相談とは…?

“小さな種田”種田の真似ごと!

ディレクターを任され、日々仕事にまい進する来栖。

憧れの種田の真似をして、めがね、パーカー、そして仕事をしながらお昼を食べるというスタイルを真似している。

そんな来栖をランチをとりながら優しく見守る結衣、賤ヶ岳、三谷。

賤ヶ岳は結衣に、種田から独立の話を聞いていないか尋ねる。

勘の鋭い三谷は「なぜ東山さんに?」と質問。

三谷は結衣と種田の過去を知らない。思わず焦る賤ヶ岳と結衣だった。

結衣、種田、来栖は新規クライアントの美容室へ。

今日はキックオフミーティング!

美容室オーナーの話を熱心に聞きメモをとる来栖。結衣はそんな来栖の姿に微笑む。

ミーティングの帰り、結衣は種田に真似されるのはどんな気分か尋ねる。

「弟が何でも真似してきた」

懐かしそうに弟の話をする種田。そこに電話が入る。

結衣は独立の話の電話なのか、気になって仕方ない。

結衣は思い切って種田に聞くことに。

「独立するってホントですか?!」

「業界は狭いな、まだ決めていない」と答える種田。

結衣はどこか寂しさを感じていた。

来栖が一人空回り!

結衣、来栖、種田、吾妻、則本でクライアントの美容室についてミーティング。

来栖は則本、吾妻からの質問にしどろもどろで、ろくに答えることができない。

種田は時折フォローするが、来栖は一人空回りしてしまう。

ミーティング後、一人落ち込みむくれる来栖。

経験が少ないから仕方ないと励ます結衣だが、来栖の愚痴は止まらない。

そんな結衣を見て三谷が手で「飲みに行きますか?」というジェスチャーをする。

結衣と三谷はいつもの上海飯店へ。

結衣は来栖も来栖だが、すぐに口を出す種田もおかしいと不満を漏らす。

上海飯店の常連客の戸塚と篠原も、今の新人は手取り足取り教えないと育たないと愚痴る。

「種田さんが辞めたら会社にとって大損失ですね」

三谷は冷静につぶやく。

結衣の中でも、種田の独立は不安でしかなかった。

福永は忖度上司?種田と大貫はどうする?

福永は種田と小料理店で飲んでいる。

酒を酌み交わしながら、福永は独立は厳しいという一般論を話す。

「あ、きたきた!」福永が手招きして現れたのは大貫。

福永は種田に内緒で大貫を呼んでいた。驚く種田。

大貫もまた、その場に種田がいるとは聞かされていなかった模様。

種田と大貫は気まずそうに互いの顔を見て、福永の意図を感じ取っている。

「独立するんだって?」大貫に尋ねる福永。

福永は、かつての優秀な部下が独立することを喜んでいる。

種田についても、種田には一度捨てられたが、大学野球で肩を壊して絶望していた種田を会社に迎え入れて、逸材に育ったことが嬉しいと言う。

福永は種田に、遠回しに自分のお蔭で今があると言いたいのだろうか。

福永は口元は笑っているが目が据わっている。

「大貫くん、噂話には気を付けて。火のないところに煙は立つっていうし」

大貫を静かに威圧する福永。

最後にもう一度福永は念を押すように言う。

「大貫君、くれぐれも気を付けてね」

これが福永の常套句か。種田と大貫は福永の忖度を感じ取っていた。

家賃20万の新居

新居に荷物が次々と運び込まれていく。

結衣は婚約者の諏訪巧と暮らすために、新居に越してきたのだ。

「これからはずっと一緒!」と幸せいっぱいの結衣だが、一方で家賃20万という現実問題も…。

「大丈夫だよ、2人とも働いているんだから!」という巧だが、結衣はどこか不安。

そして種田と大貫の独立話へ。

優秀な人材の大貫が独立すると、会社として損失が出ると懸念している巧。

結衣もまた、社内のみんなが種田が独立すると困ると話していることを伝える。

「結衣ちゃんもそう思う?」

巧にそう聞かれ、否定しない結衣。

そんな結衣を見て、少しおもしろくなさそうな巧だった。

種田家の事情!弟は愁だった!!

種田は久しぶり実家へ。

母が優しく迎え入れてくれるが、事前に連絡せずに帰宅した息子に少し困っている模様。

そこに一人の男性が階段をおりてくる。

その男性はなんと愁!結衣に情報提供しているのは、種田の弟・愁だった。

「きてたんだ…」
覇気のない声の愁。

みんなでお昼を食べようと提案するが、「おれ、いいや」と愁は断り、また二階へ。

母と種田、久しぶりの親子の時間。

カニチャーハンを食べながら、近況話をする。

種田の父は、愁が社会復帰するまでは…と警備員をしていること。

愁は部屋から出てくるようになったが、まだ外出はできない状態など…。

引きこもりになって一年になる愁のことを、種田も気にかけている。

「入るぞ」と言って、愁の部屋に入る種田。

急いで履歴書をかくす愁。

種田は、大貫から紹介してもらった中途採用の資料を渡す。

受けてみないかと誘う種田だが、愁は断る。

種田は、自分も肩の故障で野球をやめたが、こうしてやり直せたから愁も大丈夫だというが、愁は強い口調で否定する。

「コーニイだからできた!コーニイには関係ない!」
「弟がこんなだと体裁悪い?!」

次第に愁の声が大きくなる。

「そんなこといってないだろう!」

種田と愁は口論に。

「コーニイは僕の気持ちをわかってない!帰って!」と拒絶する愁。

種田はまだ話は終わっていないと愁と向き合おうとするが、愁は興奮して過呼吸に…。

ゼーハーゼーハ…!苦しそうな愁の息。

そこへ大声を聞きつけた母親が入ってきて、愁の背中を優しくさする。

「お兄ちゃんごめんね、今日は帰って」

種田は立ち尽くしたまま、何もすることができなかった。

来栖初めてのプレゼンに緊張!

プレゼン当日。

一人ギリギリまで資料つくりに没頭する来栖。

そんな来栖を見守りながら、結衣はツイッターを開く。

そこには愁のつぶやきが…

「兄弟だってしょせんは他人。他人の人生に土足で踏み入る権利はない」

愁の心の叫びを見て、心配になった結衣はすぐさまラインを送る。

愁からの返事には…「種田晃太郎がうちに来ました」

実の兄なのに、フルネームで呼ぶ愁。

結衣は種田と愁に何があったのか心配になる。

気を取り直してクライアント先の美容室へ。

懸命にプレゼンする来栖だが、相手にうまく伝わらず、納得してもらえない。
次第に険悪な雰囲気になっていく。

種田はフォローして場をまとめ、クライアントに納得してもらう。

来栖も気を取り直して次の話をしようとするが、クライアントはもはや来栖が眼中にないようで、種田と話を進めていく。

立場がない来栖は一人浮いている。

板挟み状態の結衣はどうしようもなかった。

プレゼンの帰り、来栖は不満を言い始める。

そんな来栖に種田は文句を言う暇があるのなら、相手が何を考えているか、何を求めているかもっと死ぬ気で考えろと強く言う。

「死ぬ気って…引くわ」という来栖。

種田に対して初めての悪態だ。

種田は言い訳をする来栖に対してさらに語気を強める。

「もっと自分から前に出ろ。誰かが助けてくれるという甘えがある。そのくせ手をかしたら噛みついてくる」

結衣は「論点ずれてませんか?!」と間に入る。

「種田さんに僕の気持ちなんてわかんないですよ!」といい走り去る来栖。

弟と同じことを言われてショックを隠し切れない種田だった。

結衣「らしくないですね」

バス停で種田と二人の結衣。

「らしくないですね」結衣は種田に言う。

フォローしただけという種田だが、結衣ははっきり物申す。

「クライアントの前で来栖くんの顔をつぶしたり、根性論でお説教なんて、らしくない」

そして結衣は思い切って聞いてみる。
「愁くんのことでイライラしてる?」

図星の種田。そして愁と結衣が連絡を取っていることに驚く。

結衣は、仕事を辞めた後、孤独で友達にも連絡したくないけど、誰かと話したいと思っていた。愁も同じ気持ちなのではと思い、連絡をとっていたという。

一度仕事で追い詰められた経験がある結衣は、愁の気持ちが痛いほどわかるのだろう。

結衣は、家族のことで悩みもたくさんあると思うが、来栖は自分の大事な後輩なので、もう少し長い目で見守ってほしいと種田に頭を下げた。

来栖「やってらんねぇ!」

翌朝、結衣が出勤すると…来栖の姿が。

ディレクターとしてミーティングの準備をしていた。ほっとする結衣。

ミーティングが始まるが…来栖は則本、吾妻からの質問に的確に答えられない。

則本、吾妻が種田に質問するため、種田はフォローしつつも、来栖を立てるが…

来栖は無力感でいっぱいに。

バン!!!!来栖は何かが切れたのか、机を叩いてしまう。

「やってらんねぇ!」

来栖は堰を切ったように不満をぶちまける。

「なんで種田さん中心で話が回っているんですか?!」

「結局種田さんに信頼されていないし、種田さんも誰のことも信用していない!」

「フラッと現れておいしいところだけを持っていくのはズルい!みんな仕事がやりづらいと思っている!」

「みんながみんな、種田さんみたいにできるわけじゃない!」

来栖の思いは、憧れから嫉妬に昇華したのだろうか。

来栖の叫ぶような言葉を受け、フロアを出ていく種田。

彼の中で来栖と弟が重なったのだろうか。

結衣は、優しく来栖に語り掛ける。

「頭にくるのはわかるけど、種田さんはおいしいところだけ持って行ってるわけじゃない。見えないところで調べて準備している」

賤ヶ岳もそっとフォローに入る。

「種田さんは涼しい顔してとんでもない量の仕事をこなしている」

「私たちは敵じゃない、チームなんだよ」

結衣の言葉に、来栖の顔が徐々に変化していく…。

結衣「もっと気楽にやったら?」

居場所を失った種田は野球場へ。
そこに結衣がやってくる。

愁の話によると…

「コーニイは、何かあったら頭を冷やしに野球場にくる。いろいろあってもここで頭を冷やして、何でもない顔して戻ってくる」とのこと。

結衣は愁からこの話を聞いていたため、居場所がわかったのだ。

愁は今のところ兄と距離があるが、ちゃんと兄のことを見ている。

種田は、自分は兄なのに愁のことをわかってやれていないと悲観的になる。

結衣は、人のことなんて簡単にわかるわけがない、全部理解できないのが普通だと言う。

結衣は元カノということもあり、種田のダメな部分もよく知っている。

「思ったことは口にするが、言葉が足りないから誤解を招く」
「9個のいいとこより、1個のわるいことを指摘しがち」
「几帳面に見えて意外と大雑把」
「飲めそうに見えて、三杯目から人格が変わる」
「励ましたつもりが返って傷つける」
「言い過ぎたことをくよくよ悔やむ」

言いたい放題の結衣に、「そこまで言われたら傷つく」という種田。

「やっと本音言ったね。もっと弱いところ出していいんじゃない?」
笑顔の結衣。

「種田さんのことをみんなと同じ人間だと思えば、みんな心を開いてくれる。気楽にやったら?」

「お前みたいに?」
種田は言いたい放題の結衣に、救われたようだ。

種田が独立を断念?

翌朝、何事もなかったかように出勤する種田。

そんな種田を見てほくそ笑む結衣。

来栖は慎重な面持ちで種田の元へいき、頭を上げる。

「昨日はすみませんでした!」

「ホントだよ、あんだけボロクソ言われたの生まれて初めて」
「まあでも…いいよ。言われないとわからないから」

ふっと笑う種田。

やっとネットヒーローズ・制作4部に柔らかい風が流れ始めた。

ランチにそば屋に入る結衣。

ふと隣を見ると勢いよくそばをすする種田が。

結衣は来栖を受け入れてくれたことに対して礼を言う。

そして独立の件を聞くと…

「行くのやめた。制作4部の連中をおいていけないし」
「危なっかしいだろ、みんな」

相変わらず上から目線の種田節にほっとする結衣。

種田が制作4部のみんなのことを好きなのは本当だろう。

だが本音では、福永の底知れぬ恐怖を感じとっているからなのだろうか。

そばをすすりながら、種田は本当の理由を飲み込んでいるようだ。

その福永は何やらまたおかしな案件を引き受けている模様。

「赤字覚悟で働かせてもらいます!」

福永は何を考えているのだろうか。新たな火種に…?

種田「(結衣のことが)今でも好きです」

結衣は婚約者の巧と一緒に上海飯店へ。

常連客の戸塚、篠原、そして店長の王丹に巧を紹介する。

「おめで…」王丹がいいかけると、入ってきたのは種田!

これは偶然なのだろうか。

離れた席で一人タンメン、ビールを飲む種田。

結衣と巧はカウンターでラブラブだ。

種田はビールを追加しようとするが、すでに3杯飲んでいるため結衣と王丹に止められる。

巧は種田に、いい条件だったのに、なぜ独立しなかったのか理由を聞く。

条件がいいだけで独立するわけじゃないと答える種田。

「まさか結衣ちゃんだったりして…」

「さすがにまだ結衣ちゃんのことが好きなんてありえないですよね?!」

いつもは飄々とした巧だが、種田を前に嫉妬が隠し切れない。

「いや、好きですよ」
「今でも好きです」

真剣なまなざしで答える種田。

目を丸くして絶句する結衣と巧。

そして一部始終を見ていた王丹は、不敵な笑みを浮かべていた…。

種田の素直な気持ち?それともお酒のせい?まさかの三角関係?!

☆わたし定時で帰りますの1話~最新話のネタバレ記事はこちら
わたし定時で帰ります1話のネタバレ感想とロケ地視聴率
わたし定時で帰ります2話のネタバレ感想とロケ地視聴率
わたし定時で帰ります3話のネタバレ感想とロケ地視聴率
わたし定時で帰ります4話のネタバレ感想とロケ地視聴率
わたし定時で帰ります5話ネタバレ感想!桜宮のセクハラはどうなる?
わたし定時で帰りますの最終回ネタバレ!晃太郎と結衣は付き合う?

わたし定時で帰ります6話の感想!結衣の魅力とは?

種田のまさかの告白に全部もっていかれましたね!

みんなに愛されている結衣はうらやましい!

ここからは、ドラマ「わたし定時で帰ります」6話の感想になります。

感想1:人の心に寄り添える結衣

結衣のように人の心に寄り添えるって素晴らしいことですよね。

ただ話を聞いてくれるだけでいい、ただ側にいてくれるだけでいい…。それだけで癒されることってありますよね。

厳しい言葉、過剰な期待ではなく、そっと包み込む結衣の優しさは、多くの人が求めている優しさなのかも。

結衣は種田兄弟の間を取り持つ女神になりそう(#^.^#)

感想2:見えないところを見ようとする生き方

一人空回りして、ブチ切れた来栖君。でも種田が蔭で努力していることを知り、心を入れ替えます。

どうしても人間は見えている部分だけで判断しがち。

見えないところを見ようとする生き方ができたら、もっと自分にも人に優しくなれるのかもしれません。

来栖君は子供っぽいところもありますが素直ですよね。ちゃんと先輩たちの話を聞き、反省することができるから。

来栖を演じている泉澤祐希さんは、心情を目で表現する天才だと思います。

セリフはなくても、目の動きで来栖が何を感じているかが伝わってきますから♪

感想3:中丸雄一の棒演技には意味がある?

巧を演じている中丸雄一さんですが、なぜかこのドラマでは棒演技に見えてしまう…。

そういう意見が多いので、調べてみると…どうやら、意図的にそうしているようです。

主役たちを引き立たせるために、存在感を消しているとのこと。

演技が下手というわけじゃないんですね。

巧の存在を薄くすることで、バランスをとっているという中丸雄一さん。

けだるい色気の種田とどう勝負するのか気になります♪

わたし定時で帰ります6話のロケ地一覧

わたし定時で帰りますの6話では種田がショックを受けた時に訪れた野球場など新しいロケ地がありましたね。

アサドール・エル・シエロ
住所:東京都港区六本木4-8-5

美容院ルフレ(中川駅前)
住所:神奈川県横浜市都筑区中川1-17-1

中川歩道橋(中川駅前)
住所:神奈川県横浜市都筑区中川1-11

三輪みどり山球場
住所:東京都町田市三輪緑山1-24-1

来栖がディレクターに選ばれて訪問した美容院は横浜市の中川駅前にある美容院でした(^^♪

内装がおしゃれで、中川駅では人気がある美容院のようですね!!

また、吉高由里子さんと向井理さんが一緒にいた野球場は三輪みどり山球場でした。

駅から遠い場所にあるのですが、ロケが行われたときは人がいっぱい集まっていたみたいですね。

☆わたし定時で帰りますの1話~最新話のロケ地情報はこちら
わたし定時で帰りますのロケ地と目撃情報【1話2話3話4話5話6話】

わたし定時で帰ります6話の視聴率速報!!

わたし定時で帰りますの6話の視聴率は10.3%でした。

3話から連続で視聴率が上がっていき、ついに視聴率10%を超えましたね(^^♪

☆わたし定時で帰りますの1話~最新話の視聴率速報はこちら
わたし定時で帰ります(ドラマ)の視聴率速報と1話2話3話4話の推移!

わたし定時で帰ります7話のあらすじと予告動画!

☆ドラマ「わたし定時で帰ります」の7話の予告動画はこちら


☆ドラマ「わたし定時で帰ります」の7話のあらすじはこちら

酔っぱらって「(結衣のことを)今でも好きですよ」と言った晃太郎(向井理)に、絶句する結衣(吉高由里子)とフリーズする巧(中丸雄一)。

声もでず、固まっている二人をよそに、晃太郎は突然その場で寝始める…。

その日の帰り道、結衣に突然実家の父から「お母さんが家出した」と連絡が入る――。

一方、福永から予算に見合わない新規案件が制作4部に舞い込んできて…。

ついに6話では種田が結衣に告白をしたのですが、7話では種田と巧の結衣の取り合いが行われるみたいですね。

巧と婚約中の結衣は種田の思いをどう受け止めるのでしょうか?

わたし定時で帰りますの1話~6話までの動画を無料で見る方法

ドラマ「わたし定時で帰ります」の1話~6話で見逃した回がある方は、paraviで無料視聴しましょう♪

わたし定時で帰りますの見逃した回をparaviで無料で見る

paraviは30日間の無料お試し期間があるので、その期間中に見れば一切お金がかかりません!!

また、「大恋愛」や「初めて恋をした日に読む話」、「中学聖日記」などのTBSの人気国内ドラマ、アニメ、映画、バラエティなどもparaviで1話~一気に無料で見ることができますよ!!

わたし定時で帰ります6話のネタバレ感想まとめ

ドラマ「わたし定時で帰ります」6話ネタバレと感想、ロケ地や視聴率について紹介しました。

ラストの種田の告白に、王丹と同じような顔をした方も多いのではないでしょうか(#^.^#)

「これから面白くなってくるあるね!」と言わんばかりの王丹を演じている江口のりこさん。もっと出演シーンが増えてほしいですね。

以上、ドラマ「わたし定時で帰ります」6話ネタバレと感想、ロケ地、視聴率をお伝えしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です