わたし定時で帰ります9話のネタバレ感想!福永の悪だくみとは?

「種田さんみたいな人がいたら、私残業します!」という女子を世の中に生み出したお仕事ドラマ「わたし定時で帰ります」

今回はドラマ「わたし定時で帰ります」の9話のネタバレと感想、ロケ地視聴率をお届けします。

少しずつすれ違う結衣と巧、種田と結衣の関係は?星印の牛松は相変わらずグズグズなのか?!

どうぞ最後までお付き合い下さい。

わたし定時で帰ります9話のあらすじと予告動画

わたし定時で帰りますの9話の予告動画はこちら

わたし定時で帰りますの9話が6月11日に放送されました(^^♪

8話では種田(向井理)が会社を辞めた理由について語ろうとするシーンで終わってしまいました。

種田が会社を辞めた本当の理由とは何なのでしょうか?

また、種田と結衣の関係が進展する??

わたし定時で帰りますの9話のあらすじはこちら↓

福永(ユースケ・サンタマリア)から突然会議室に呼び出された結衣(吉高由里子)は、“晃太郎(向井理)が自分の会社を辞めた本当の理由”を聞かされ、チーフとして定時には帰らず、残業するよう提案される。

そんな中、赤字必至な星印の案件を進めるうちに、結衣の知らないところでサービス残業をする制作4部のメンバーと福永の姿が…。

残業続きで疲れた部署のメンバーを見かねた結衣もついに残業をするように…。

一方、結衣と巧(中丸雄一)は結婚式の準備を始めるが、結衣の仕事が忙しくなるににつれてすれ違いが増えていく――。

☆わたし定時で帰りますの9話はparaviで無料見逃し配信中!!
わたし定時で帰ります動画8話9話10話の見逃し配信を無料で見る

☆わたし定時で帰りますのこれまでの動画の無料視聴方法はこちら
わたし定時で帰ります動画1話~最終回を無料視聴する方法は?

わたし定時で帰ります9話のネタバレ!福永の悪だくみとは?

賤ヶ岳が一時休職することになったネットヒーローズ・制作4部。星印の案件は今後どうなっていくのでしょうか?!

種田が会社を辞めた理由は東山さんのため

福永は結衣に、なぜ種田が前の会社を辞めたのか、なぜネットヒーローズに来たのかを答える。

「東山さんのためだよ」

驚く結衣。

種田は好きな彼女と結婚したい、定時で帰れる会社で働きたという理由で福永の会社を辞めたという。

にわかには信じられない結衣。

福永は種田を引き留めたが、結衣への愛が本物だと感じ、あきらめざるを得なかったという。

福永「結局別れたのにこの会社に来たのは、よりを戻したい気持ちもあったんじゃないの?」

結衣「もう終わったことなので…」

福永「どうだろう、東山さん!納期まで定時を一時間ずらしてもらえないかな?」

結衣をセンチメンタルな気分にさせての強引な提案。

福永はこのままだと種田にしわよせがいき、体を壊してしまうかもしれないと懸念する。

「種田君を助けてあげようよ!仲間じゃない!」

結衣は福永に流されずに、星印に納期をずらしてもらうよう交渉するという。

福永「あそう、頼もしいねぇ!そうするのが一番いいよね!」

目が笑っていない福永。

目の奥では自分に従わない結衣に対する怒りがにじみ出ていた。

結衣と種田は星印へ赴き、納期を遅らせてほしいと交渉。

星印の細貝課長はあっさりと了承する。

結衣は交渉の帰り道、種田に無理しないでほしいという。

福永の話を聞き、自分のために無理をさせていたことを反省している。

種田はあっけらかんとして言う。

「そっちこそ無理すんなよ」

丸杉の退職!その理由とは?

ネットヒーローズの役員会議。

常務の丸杉が突然退職することに。

何も聞かされていない福永は一人驚く。

丸杉に何があったのか?丸杉は福永を一瞥もせずに出ていく。

石黒から星印の案件は赤字がでないように責任もって進めてほしいといわれると、福永は急にいなくなった丸杉のせいにしようとするが…

「福永さんが持ち込んだんですよね?!」

野太い石黒の声に打ち消される福永。

福永は石黒から、残業は月45時間以内、制作4部は繁忙期なので80時間を超えないようきつく言われる。

味方につけたつもりだった常務の丸杉がいなくなり、福永は焦りを隠せない。

福永の懐柔作戦

制作4部の星印チームでは、効率重視、定時で帰ることを目標に作業することに。

福永は一人よからぬことを考えている…

「三谷さん、今日の夜、時間ある?」

福永の意図とは…?

巧と同棲中の結衣。

仕事ではいろいろあるが巧との時間は大切な癒しだ。

器用な巧は、結衣の鉱物である小籠包を作っている。

結衣は先日巧と喧嘩した夜を思い出し、上海飯店の王丹に迷惑をかけたことを話す。

「上海飯店に泊まったんだ?」

結衣は会社に泊まったというが…

種田もそこにいたことは伏せる。

結衣は隠し事をしていることに後ろめたさを感じる。

一方、上品な和食店で向かい合う福永と三谷。

福永「東山さんが結婚するって知ってる?」

何も聞いていない三谷は驚くと同時に、隠し事をされているような嫌な気持ちになり、先を越される嫉妬心が出てくる。

それを福永は見逃さない。

福永「今が一番幸せなときだから無理が言えない。僕が頼れるのは三谷さんだけ」

三谷は福永の言葉にはっとしたように顔を上げる。

福永は真面目な三谷をくすぐる言葉を知っている。

そして三谷にあることを告げる…。

「ぼくね…」

福永は三谷に何を言ったのか。

洗脳されていく仲間たち

翌日の星印チーム。

いつもテキパキしている三谷だが、さらに磨きがかかっている。

福永はそんな三谷を見てご満悦。

そして福永は来栖のインスタを見ている。次のターゲットは来栖なのか。

「来栖君、今日の夜空いてる?」

結衣は仕事を終え、上海飯店へ駆け込む。

先日迷惑をかけたことを王丹に詫びる結衣。

王丹「ノミスギダメヨ!サケハノンデモノマレルナ!」

常連客の戸塚と篠原もいる。

戸塚は、先日結衣が種田におんぶされているところを見たという。

結衣は全く記憶がない。

篠原「優しいねぇ」

戸塚「でも優しいけど…あれはいいのかなぁ?」

種田の行き過ぎた優しさを心配する戸塚。

王丹は何かを感じ、戸塚と篠原を追い出して、結衣と2人で話すことに。

結衣は種田と会社に泊まったことを話す。

王丹「ヤダァ、フリン?!ヤケボックイ?!」

結衣「違うよ!何もないよ!」

王丹「ヨカッタ、ナニカアッタラ、アノオトコ、タダジャオカナイ!」

そこへ結衣に石黒から電話が入る。

石黒「ゆいゆいのチームがファミレスに集まってるんだけど、まさかサービス残業じゃねぇよなぁ?」

石黒の視線の先には、来栖、三谷、吾妻、則本、児玉が仕事をし、福永が飲み物を配っている。

結衣は嫌な予感がする…。

翌日結衣は来栖から話を聞くことに。

来栖によると、星印のキャンペーンサイトの仕事をファミレスでしていたという。

結衣はキャンペーンサイトの話を知らない。

来栖は終電ギリギリまで仕事をして2時間しか寝ていないとハイになっている。

結衣はあんなに残業を嫌がっていた来栖が楽しんで残業をしていることに不安を覚える。

来栖は福永とさしで面談し、初めて担当した美容室のサイトを褒められたという。

「来栖君は誰よりも伸びるよ。ガンガンやっていこう!そうすればガンガン伸びていくから!」

福永から、このまま伸びれば種田並の人材になれると言われたことを本気にし、来栖はやる気になっている。

結衣は種田の真似をすると体を壊すと忠告するが、来栖は聞く耳を持たない。

「僕は今ガンガン働きたいんです!他のみんなもそう思ってます」

結衣は三谷、吾妻とも話すことに。

三谷「星印は最初からキャンペーンサイトも込みで発注したつもりだったそうです」

結衣「つまり牛松さんの発注ミス?」

吾妻「福永さんは無償でやってやれって」

結衣「なんで言ってくれなかったの?!」

一息つく三谷。

三谷「東山さん、ご結婚されるそうですね。おめでとうございます。今は準備などでお忙しいでしょうし、負担をかけないようにと福永さんが」

吾妻「福永さんが、東山さん一回婚約破棄してるから、今度こそ結婚させてあげたいって言ってたよ」

三谷「福永さんは私を運用のチーフに押すと言ってくださいました」

吾妻「僕には会社に泊まってもいいようにしてやるって」

福永は結衣が残業することに反対したため、他の社員を自分の味方につけたようだ。

吾妻によると、福永は一対一だとしっかり話を聞いてくれるため、心を開けるという。

福永は話を聞くことで相手の心を掌握したのだ。

三谷「福永さんは伊達に社長を経験していません。人を良く見ています。チーフに押して下さったのも私の真面目な性格が活きるだろうって」

三谷によると、種田はこのことを知らない。

これ以上種田に迷惑をかけられないため、黙っているという。

福永の心理戦は巧妙だ。種田にこのことが知られたら大反対される。

そのため自分の真実の姿を知らない三谷、吾妻、来栖らを味方につけたのだ。

結衣は何とも言えない疎外感を味わっていた。

福永を反撃する結衣!

結衣は福永に直談判することに。

結衣「なぜ星印のキャンペーンサイトを無償で引き受けたんですか?!ただでさえ忙しいのにみんながサービス残業させられています」

福永「させられてる?みんな自主的にやりたいって言ってくれてるよ」

結衣「福永さんがそう仕向けているんですよね?」

福永は否定し、みんなで協力してやればできると前向きだ。

結衣「都合のいいことを言ってみんなを振り回すのはやめてください!そうやって味方を得たって本当の信頼は得られないんじゃないですか?!」

福永「信頼?それ大事?」

信じられない言葉が福永の口から出た。

結衣は改めて福永が別次元にいる人間だと感じた。

結衣「私も残業します!」

(18:00)

来栖、三谷らはそそくさと片付け始める。

結衣はまたファミレスで残業するのか尋ねるが、来栖は無言のまま…。

結衣「三谷さん、キャンペーンサイトの概要共有してください!」

驚く三谷。

結衣「残業するならここでしてください。私も残業しますから!」

そんなチームの動きを種田は心配そうに見ている。

「チームのピンチを乗り切るまでは、私も残業します!」

結衣は高らかに宣言した。

壊れていくチーム!種田はどうする?

福永の魂胆に気付いた種田。

種田「星印チームは会社で残業することになりました。キャンペーンサイトの件、僕も知りませんでした。外で働かせるのはアウトですよ」

福永「だって会社で仕事したら残業ついちゃうじゃない?管理部から残業は月80時間厳守と言われてるし」

種田「だったら厳守しましょうよ。それを超えるなら僕がカバーします。管理職は残業つきませんし」

福永が何か言いかけるが一方的に電話を切る種田。

納品まであと60日…50日…

星印チーム全員残業し、協力し合うことに。

吾妻も覚醒したのか、ハイスピードで仕事をこなしていく。

来栖は自分のアイデアが採用されるなど、生き生きとしている。

だが次第に疲労が蓄積されていくチーム…。

そして星印の磯貝課長が異動になったという話が。

他社と合併することになった星印。結衣は明日、新しい課長とあいさつすることに。

三谷、吾妻は疲れからなのか、ちょっとした行き違いで言い合いになってしまう。

次第にギスギスした空気が星印チームの中を流れるように。

結衣は輪が乱れていくことに懸念を抱く。

休職中の大好きな先輩・賤ヶ岳

結衣は久しぶりに休職中の賤ヶ岳に電話をする。

他愛ない会話をしつつも、先輩の賤ヶ岳は結衣の異変に気付いていた。

賤ヶ岳「で?どうしたの?何かあったんでしょ?一人で抱え込むのは悪い癖だよ。いいから言ってごらん」

結衣は涙をこらえながら賤ヶ岳に胸の内を明かす。

「みんな疲れてギスギスしちゃってるし…結婚の準備も全然進んでなくて…自分が情けない。みんなのことどうしてあげたらいいのか…」

電話の向こうで泣いている結衣に優しく語りかける賤ヶ岳。

「何かをしてあげようって思わなくていいんじゃない?まずは自分のためにちゃんと食べてちゃんと寝ること。あんたの集中力で毎日残業してたら身体持たないでしょ」

「先輩…」

結衣は賤ヶ岳の温かい言葉に感謝しかない。

賤ヶ岳は続ける。

「それから、愚痴はためずに吐き出すこと。今は聞くくらいしかできないけどいつでも連絡して」

優しくて頼りになる先輩に助けられた結衣。

賤ヶ岳に元気がないときは結衣が、結衣に元気がない時は賤ヶ岳が…お互いに元気を送りあう関係。

結衣は再び光に向かって歩き出すことに。

おしゃべりな篠原(上海飯店にて)

上海飯店にて。

今日は珍しく一人で飲んでいる篠原。

そこへ巧が来店。

王丹に小籠包のコツを教えてもらうためにきたのだ。

篠原「優しいなぁ。ご飯は作ってあげるわ、酔いつぶれたら、おんぶしてあげるわ。完璧だね」

巧「おんぶ?」

篠原「見られてたらしいよ。酔っぱらった東山ちゃんをおんぶしてるところ」

余計なことを言う篠原にハラハラする王丹。

そして巧はおんぶについて理解できずにいた。

ライバルはベイシック・オン?!

結衣、種田、三谷、来栖は星印の定例会議へ。

牛松とともに、新しい広報課長・武田が入ってくる。

眼鏡の奥の目が鋭い人物だ。

武田「弊社の広報部と福永さんは古いお付き合いがあるそうですね。今回の合併を機に古いなれ合いはやめることになりました。サイトはネットヒーローズさんに。でも運用は他社からも見積もりをとって比較したうえで発注するつもりです」

いきなりの武田の言葉に驚く結衣たち。

種田は牛松に、運用もネットヒーローズに任せることになっていたと確認するが、またもしどろもどろ。

結衣は武田に、運用の件について他にどの会社に声をかけたのか尋ねると…

なんとベイシック・オンという武田。

結衣と種田は呆然とした。

定例会議の帰り、結衣は巧とばったり会う。

巧の隣には女性社員が。

結衣と巧は初めてお互い星印の担当をしていることを知る。

「もしかして東山さん?吉住です。お手柔らかにお願いしますね」

にこやかに挨拶する吉住。

婚約者と同じ会社の担当をしていたなんて…気まずい結衣。

巧と吉住は星印へ。これから運用の交渉なのか。

種田のようになりたい来栖

疲労が溜まり、来栖が貧血を起こしてしまう。

結衣は来栖に帰るように促すが、来栖は聞く耳を持たない。

来栖はネットヒーローズにとって大事な時期に帰るわけにはいかないという。

来栖は誰からも頼られる種田のようになりたいという。

結衣は種田のような働き方をするのは危険だと反対する。

「東山さんと種田さんって付き合っていたんでしょ?なんだかんだいって内心すごい、頼りになるって思ってませんか?」

何も言えない結衣。

「今頑張らないとダメなんです。ここで結果を出さないと!」

結衣は来栖を止めることができなかった。

巧を狙う女?!浮気疑惑?

結衣は仕事の合間、巧に電話する。

映画を見る約束をしていたが、遅くなるからいけないという結衣。

巧は結衣を責めることなく了承する。

それを見ていた吉住。

「婚約者同志、同じ案件やってたなんてね。2人とも仕事の話しないの?諏訪君ってすごく彼女に気を遣うんだね。昔の旦那に爪の垢を煎じて飲ませたい」

どうやら吉住はバツイチらしい。

吉住は巧が昼休みにネットで映画のチケットを購入していたところを見ていた。

ネットでチケットをとったらキャンセルできない。

「私、付き合ってあげようか?」

年上の吉住は余裕のある誘い方をした。

愁の一歩!結衣のメッセージが!

残業後、巧との新居に帰宅する結衣。

だが巧はまだ帰っていない…。

結衣は愁から、星印の武田課長の経歴についてのメッセージが届く。

「元々優秀なエンジニア、ウェブに精通しているため手強い」

「結衣さん、大丈夫ですか?」

結衣は愁に悩みを打ち明けることに。

「後輩が晃太郎みたいな働き方をし始めて言うことを聞かない。愁君が言ってた通り、福永さんは危険な人。後輩はあの人に懐柔されて、晃太郎みたいになりたいという思いに憑りつかれている」

愁は何かを感じたようだ。

「その後輩にあってみたいです。話がしてみたいです」

愁の一歩が始まろうとしていた。

愁の思い、晃太郎の思い

結衣は来栖とともに種田の実家へ。

階段から降りてきた愁は、結衣と来栖を2階へ案内する。

愁の異変に母親も心配しているようだ。

2階の壁には野球の賞状がところせましと並んでいる。

「全部兄の何です。すごいですよね」

少しして種田も実家へ。

結衣、愁、来栖の3人で話すことに。

愁は1年前に会社を辞めたこと、毎日上司に怒鳴られてノイローゼになったこと、眠れないといったら晃太郎に人間は寝なくても死なない、死ぬ気でやれば必ず乗り越えられると言われたことなどを話す。

愁は線路に飛び込もうとしたができなかった、二日酔いになり会社をずる休みした結衣を思い出したからだという。

愁にとって会社を休むことはハードルが高かった。

でも結衣はいとも簡単に会社を休んだ。

「結衣さんのずる休みに救われました。今から死のうってときに思い出したらバカバカしくなった。僕も休んでもいいかな、死ぬのはやめて少し休もうって」

ずる休みの過去を暴露され、気恥しそうな結衣。

愁は来栖に訴える。

「兄みたいに働いたら認めてもらえるって無理し過ぎていませんか?あの頃の僕みたいに…。兄には仕事しかないけどそれは幸せなことなんでしょうか?」

「兄の前の会社の人は身体や心を壊したり、未だに社会復帰できない人もいる。弱いから壊れたんじゃない、無理をして働き続けたら誰にでも起こること」

来栖は心を動かされるが、みんなが残業しているのに自分だけやらないわけにはいかないという。

結衣は優しく来栖を諭す。

「その気持ちわかるよ。でもね、私は来栖君を大事に思ってる。将来にも責任があると思ってる。来栖君は自分が思ってるよりずっと疲れてるんだよ」

「私も前の会社でボロボロになるまで働いて心も体も悲鳴を上げていた。私は来栖君を守りたい!愁君みたいな人をもう出したくない、来栖君は来栖君のままでいいんだよ」

愁も賛同する。

「僕みたいになる前に自分らしい働き方をみつけてほしい」

結衣と愁の思いが届き、来栖の心が動いた。

廊下で黙って聞く種田…。

結衣は廊下に誰かいる気配を感じていた。

結衣が下に降りると…種田は一人庭を見つめている。

「結衣がいてくれて助かった、ありがとな」

種田は愁の気持ちをわかってあげられなかったことを悔やんでいる。

そして結衣も種田に謝る。

「前の会社で定時で帰れる会社に移るために寝ないで働いたって。何も知らなくてひどいこと言ってごめんなさい」

種田はだいぶ話を盛っていると軽く流す。

「やっぱりオレ、この会社に来るべきじゃなかったのかもしれないな」

種田はぼんやりと何かを見つめていた。

巧「やっぱり結婚できない」

結衣が帰宅すると…巧が荷物をまとめてソファに座っている。

「しばらく実家に泊まる」

思いつめたような巧に驚く結衣。

「ごめん、やっぱり僕、結衣ちゃんとは結婚できない」

突然の巧の婚約破棄宣言。

巧に何があったのか…?

結衣は理解できずに立ち尽くした。

☆わたし定時で帰りますの1話~8話のネタバレ記事はこちら
1話のネタバレ感想とロケ地視聴率
2話のネタバレ感想とロケ地視聴率
3話のネタバレ感想とロケ地視聴率
4話のネタバレ感想とロケ地視聴率
5話のネタバレ感想とロケ地視聴率
6話のネタバレ感想とロケ地視聴率
7話のネタバレ感想とロケ地視聴率
8話のネタバレ感想とロケ地視聴率

わたし定時で帰ります9話の感想!巧を狙う女はまさかの・・・

愁の成長が見られたり、福永のいやらしさいっぱいの9話。

以下にドラマ「わたし定時で帰ります」の9話の自由な感想をまとめました。

感想1:じわじわと攻める福永

福永って本当に悪知恵が働きますよね。

結衣がだめなら、今度は周りから攻め込んで味方を増やすなど、策略がスゴイ。

じっくり話を聞きながら、相手の一番欲しい言葉で心を掴む…洗脳していく過程がリアルでした。

「きみだけだよ」という言葉は、相手の心をくすぐるといいます。

人の嫉妬、虚栄心をうまく操るあたりが怖いですね。

でも心底腹黒そうではない福永。どこか足りないだけなのでしょうか。

結衣の言葉は最後に福永の胸に刺さるのでしょうか。来週が楽しみです。

感想2:残業してもキラキラ結衣!

残業続きでお疲れの結衣ですが、やっぱりキラキラ感は健全。

結衣は巧からもらった婚約指輪をネックレスにしています。

お守りのように身に着けているんですね。

このスタイルは、2005年1月期のドラマ「救命病棟24時」で主演を演じた松嶋菜々子さんが流行らせたと言われています。

松嶋菜々子さんも婚約者からもらった指輪を仕事中できないためネックレスにしたのです。

指輪をネックレスとして身に着けたほうが、働く女性にとっては便利でおしゃれかもしれないなぁと改めて感じました。

感想3:巧を狙う女はまさかの年上?

巧を狙う女性は、あのブリッコな女性ではなく…年上の吉住でした!

大人の余裕を感じさせる吉住…バツイチのようなので、巧にとっては知らない世界を知っているお姉さまですね。

結衣のことは好きだけど、知らず知らずのうちにたまっていた我慢。

吉住の大人の魅力に惹かれていくのでしょうか?!

結衣と巧の別れが気になります!

わたし定時で帰ります9話の新しいロケ地は?

わたし定時で帰りますの9話では、結衣(吉高由里子)と巧(中丸雄一)が待ち合わせた結婚式場、賤ヶ岳(内田有紀)が結衣と電話でしゃべっているシーンの病院が新しいロケ地となりました!!

■アンフェリシオン
住所:東京都江東区亀戸1-43-22

■新横浜リハビリテーション病院
住所:神奈川県横浜市神奈川区菅田町2628-4

☆わたし定時で帰りますの1話~最終回の詳しいロケ地はこちら
わたし定時で帰りますのロケ地と目撃情報【1話~最終回】

わたし定時で帰ります9話(最終回前)の視聴率速報!

わたし定時で帰りますの9話の視聴率は10.2%でした。

8話で9%台に落ちてしまいましたが、9話で巻き返すことができてよかったです♪

次回はわたし定時で帰りますの最終回!!

どのくらい視聴率が伸びるのか気になりますね♪

☆わたし定時で帰りますの1話~最終回の視聴率はこちら
わたし定時で帰ります(ドラマ)の視聴率速報と1話~最終回の推移!

わたし定時で帰ります10話(最終回)のあらすじと予告動画

ドラマ「わたし定時で帰ります」の10話が6月18日に放送されます。

11話が最終回だと思っていたのですが、10話が最終回となるそうです!!

結衣と巧はこのまま別れてしまうのか?
結衣と福永の対決の決着は?
結衣と種田が復縁する?

わたし定時で帰りますの原作小説とは全く違う最終回を迎えそうです。
わたし定時で帰ります(ドラマ)の原作小説やあらすじネタバレ

ドラマ「わたし定時で帰ります」の10話の公式ページのあらすじはこちら

巧(中丸雄一)に「結衣ちゃんとは結婚できない…」と告げられ、途方に暮れる結衣(吉高由里子)。

そんな中、外注先が倒産し制作4部のメンバーは窮地に陥る。

さらに「星印工場」から呼び出された晃太郎(向井理)は契約を進める条件として、福永(ユースケ・サンタマリア)を案件から外すことを要求される。

その事を聞いた結衣は、ついに福永と対決するが…果たして結衣はチームを守ることができるのか?

定時の女が最後に選ぶ、新時代の働き方とはーー、そして巧との関係、晃太郎との恋の行方は?

わたし定時で帰ります9話のネタバレ感想まとめ

ドラマ「わたし定時で帰ります」の9話ネタバレと感想、ロケ地視聴率について紹介しました!!

最後は笑った結衣が見たいし、種田にも幸せになってほしいし、愁にも社会復帰してもらいたい。星印チームの努力も報われてほしいですね。

来週はいよいよ最終回!絶対に見逃せないドラマがそこにある!

以上、ドラマ「わたし定時で帰ります」の9話ネタバレと感想、ロケ地視聴率の記事をお伝えしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です