Heaven(ご苦楽レストラン)の主題歌はあいみょん!?

2019年7月9日からスタートするTBSドラマ「Heaven?~ご苦楽レストラン~」は、石原さとみさんが主演するということで、話題になること間違いなしのドラマです。

毎週火曜夜10時枠ということで、過去には「逃げるは恥だが役に立つ」などのヒット作を世に出した枠ですね。

この記事ではドラマ「Heaven?~ご苦楽レストラン~」の主題歌について紹介します(^^♪

Heaven(ご苦楽レストラン)の基本情報(あらすじとキャストなど)

『Heaven(ヘブン)~ご苦楽レストラン~』は、一味変わったオーナーの黒須仮名子と、これまた個性的な従業員の間で繰り広げられる“至福のフレンチレストランコメディー”です。

1999年~2003年に週刊スピリッツに連載された佐々木倫子の漫画が原作となっています。

脚本は、吉田恵里香さんで、主人公を演じるのが、石原さとみさんです。

現在発表されている登場人物はこちら!

風変わりなハチャメチャオーナー・黒須仮名子(くろす かなこ):石原さとみ

笑顔が苦手なウェイター・伊賀 観(いが かん):福士蒼汰

元美容師見習いの無邪気なサブのウェイター・川合太一(かわい たいち):志尊淳

牛丼屋の店長を5年務めていた店長・堤 計太郎(つつみ けいたろう):勝村政信

在籍した店が次々に潰れる不運の天才シェフ・小澤幸應(おざわ ゆきお):段田安則

資格取得マニア、元銀行役員ソムリエ・山縣重臣(やまがた しげおみ):岸部一徳

なんと愉快な仲間たちでしょうか!ワケありな従業員が揃うレストラン、三谷幸喜監督の「王様のレストラン」を彷彿とさせますね!

黒須仮名子(石原さとみ)は、レストランのオーナーにも関わらず、店を繁盛させる気がありません。

「ロワン・ディシー<この世の果て>」と名付けられたこのレストランは、オーナーが好き勝手に食事を楽しみたいと店を開いたという「オーナーの、オーナーによる、オーナーのための店」なんです。

そんな超のつく変わり者オーナーを支えるのが、伊賀観(いが かん)を始めとする従業員たちです。黒須仮名子(石原さとみ)の奔放さに翻弄されながら、団結していきます。

大きな欠点を抱えて働く黒須や従業員たちが、レストランに舞い込んでくるトラブルをいかに乗り越えていくのかが見所です。

Heaven~ご苦楽レストラン~の主題歌は「真夏の夜の匂いがする」


主題歌「真夏の夜の匂いがする」
作詞・作曲:あいみょん
発売日:2019年7月24日(水)

そのHeaven(ご苦楽レストラン)の主題歌を今話題のアーティスト「あいみょん」が務めることが決定しました!!

「真夏の夜の匂いがする」というタイトルで、なんとこのドラマのために書き下ろした新曲です。

石原さとみさんは、あいみょんさんとミュージックヒーローという音楽番組で共演しています。

その出会いをきっかけに、あいみょんさんの楽曲を全曲聞き、ライブにも行くほどの大ファンに!

石原さとみさんさんはインタビューで「いつか友達になりたい」とまで語っています。

石原さとみさんは可愛く美しい容姿はもちろん、知的であり情熱的な面も強い女優さんです。

あいみょんさんの魅力を語る中で、「なんて幅広いジャンルを自分色に染め上げ、心に突き刺さる言葉と救ってくれる言葉を投げかけてくれる歌詞なんだろう」と表現しています。

ドラマ制作側から主題歌の書き下ろしのお話が来たそうで、あいみょんさんは「純粋に嬉しく思いました」と語っています。

プロデューサーの瀬戸口克陽さんは、「予測不能な世界観を表現していただけたら」と依頼したそうです。

すると、楽曲が完成したときには音源ではなく、なんと弾き語りの生歌を歌いに来てくれたそうなんです!!

ドラマ制作の現場と寄り添うように、主題歌制作も進んでいたんですね。あいみょんさんのバイタリティにも驚きです。

Heaven(ご苦楽レストラン)の主題歌を担当するあいみょんってどんな人?


兵庫県西宮市出身、1995年生まれの24歳です。

2016年にメジャーデビュー。わずか3年でトップアーティストに成長しました。

あいみょんは『ストリーミングの女王』と呼ばれ、定額制の聴き放題サービスにおいて、あいみょんの曲がストリーミングチャートを席巻しています。

とくに「マリーゴールド」がロングヒットを記録し、20週連続1位を記録!!

新しい音楽の聴き方において、大ブレイクに成功したアーティストなんです!

メジャーデビューシングル「生きていたんだよな」は、テレビ東京「吉祥寺だけが住みたい街ですか?」というドラマのオープニングに抜擢されました。

大島美幸さん(森三中)と、 安藤なつ(メイプル超合金)さんが主演を務めたゆったりとした深夜ドラマに、刺さるような歌声を添えました。

2018年1月に『関ジャム 完全燃SHOW』で「愛を伝えたいだとか」「君はロックを聴かない」が2017年のベストソング特集に取り上げられ、一気に話題に火がつきました。

音楽プロデューサーのいしわたり淳治と蔦谷好位置がともにベスト10に「あいみょん」の名前を上げています。

いしわたり淳治は、「君はロックを聴かない」という曲の歌詞の視点を絶賛!

蔦谷好位置は「愛を伝えたいだとか」のコード進行に才能が溢れていると高評価するなど、作詞に加え、作曲の実力も伴うボーカリストなんです!

そこから次々と7枚のシングル・2枚のアルバムを発売し、ドラマ主題歌にも抜擢、紅白歌合戦と続き、人気は衰えるところを知りません。

あいみょんさんにとっては、今作が8枚目のシングル作品となります。

お父さんが音響の仕事をしていたことで、浜田省吾や小沢健二といった上の年代のアーティストが作る音楽に幼い頃から触れていたそうです。

彼女の代名詞となった曲、「マリーゴールド」は90年代風のサウンドアレンジになっていて、どこか懐かしさが漂います。

10月からはホール・アリーナツアー「AIMYON TOUR 2019 -SIXTH SENSE STORY-」を開催することが決定しています。

ライブやフェスにも精力的に参加している「あいみょん」、これからの更なる活躍にも期待です!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です