わたし定時で帰ります(ドラマ)の吉高由里子の衣装まとめ【1話~最終回】

TBSドラマ【わたし定時で帰ります】で主演を務める吉高由里子さんの衣装にピントを当てていきたいと思います!

デビューから数々の経験を積み重ねてきた彼女も30代に入り、演技にますます磨きがかかってるとき。

この記事では、ドラマ「わたし定時で帰ります」の吉高由里子さんの1話~最終回の衣装について紹介します(^^♪

わたし定時で帰りますのキャスト相関図と原作小説と主題歌は?
わたし定時で帰ります(ドラマ)の視聴率速報と1話2話3話の推移!
わたし定時で帰ります(ドラマ)の原作小説やあらすじネタバレ
わたし定時で帰りますのドラマ主題歌(OP/ED)と音楽テーマ曲!
わたし定時で帰りますのロケ地と目撃情報

わたし定時で帰ります主演の吉高由里子のプロフィール

■吉高由里子さんのプロフィール

本名:非公開
生年月日:1988年7月22日
出生地:東京都
身長:158 cm
血液型:O型
職業:女優
活動期間:2004年~
事務所:アミューズ

東京都出身の吉高さん。高校1年生のとき、原宿でスカウトをされました。

当時の所属事務所はウィルコーポレーションだったが、のちにアミューズに合併されたことで現在はアミューズに所属しています。

デビューは2006年。映画「紀子の食卓」に出演し、第28回ヨコハマ映画祭最優秀新人賞を受賞。

その後映画「蛇にピアス」の主演で過激な役に挑戦し、女優としての幅を広げました。

この作品で、第32回日本アカデミー賞新人俳優賞、ブルーリボン賞新人賞など数かすの賞を受賞し、女優としての地位を確立。

その後、2009年にはあのフジテレビドラマ「東京DOGS」で月9に出演することになりました(^^♪

このドラマは小栗旬さんが主演、水嶋ヒロさんも出演するなど、当時若手俳優として注目を浴びていた俳優陣たちが出演。その中でヒロインを務めるということで、女優としての注目度は確実に上がっていました。

その後、数々の注目ドラマ・映画の出演を果たして、2014年にはNHK連続テレビ小説「花子とアン」に抜擢(^^♪

この朝ドラは「あまちゃん」「梅ちゃん先生」「ごちそうさん」を超えて、朝ドラでは過去10年で最高の平均視聴率(22.6%)を記録しました。

それだけ彼女の演技に引き込まれ、最後まで見届ける視聴者が多かった証となりました。

【わたし定時で帰ります】吉高由里子が演じるのは東山結衣

2019年4月より始まる【わたし定時で帰ります】ではTBSドラマで初めての主演を務めます。

吉高さん演じる東山結衣(32)はタイトルの通り、「定時で帰る!」ということをモットーに、入社以来残業をせずに、定時で帰ることを貫いています。

その意志の中には、身を粉にして働いていた父親のことがあったからでした…。

仕事、仕事の毎日で疲弊していく父親を見ながら育った結衣。結局、過労死してしまった父親のようにはならない、という強い決意のもと、現在はWEB制作会社でディレクターとして働いています。
その会社には結衣の元婚約者である種田も上司として働いています。

結衣と種田は前職が同じで、交際もしていました。婚約までしていましたが、種田も仕事に打ち込みすぎてしまうワーカホリックでした…。徐々にすれ違い、結衣のことよりも仕事を優先してしまう種田とは結婚することができない、と父親の影が見え、婚約は破談してしまいました。

その後、何の因果か、同じ会社で働くこととなった二人。そこでも真面目に一生懸命に仕事に打ち込む種田は、仕事ができ、社内での信頼も厚い。残業という概念もないままに、睡眠も食事の時間も削ってしまう種田に、結衣が再び惹かれることはありませんでした。

そこで出会ったのが現在交際している諏訪巧。諏訪は結衣の働いている「株式会社ヒーローズ」のライバル会社に勤務しています。

彼は、元婚約者の種田と同じように仕事面で優秀、後輩にも慕われています。ただ違ったのは、プライベートも大事にしていたこと。

趣味はアウトドアで、料理も得意。プライベートも結衣との時間も大切にしているところは、結衣の中では“普通”の理想の男性でした。

仕事もプライベートも充実させる結衣の楽しみは、定時退社後に「ハッピーアワー」へ行きビールを飲むこと!

オン・オフをしっかりと区別するには定時で帰るのみ!効率よく、且つ他人に迷惑を掛けないよう仕事を全うする結衣に、社内の定時で帰ろうとしないブラック社員たちが立ちはだかるのです…

わたし定時で帰りますの吉高由里子さんの衣装まとめ

ドラマ「わたし定時で帰ります」の1話が始まったら、衣装情報を更新しますね(^^♪

【わたし定時で帰ります】吉高由里子に対するネットの反応

感情的な演劇が視聴者の心に突き刺さる吉高さんの演技ですが、ネットではどのように言われているのでしょうか?

過去の作品ではやはり「蛇にピアス」が印象的、という方が多いですね。若いながら思い切った演技でしたが、演技力に惹かれた方はたくさんいました。

あと、ドラマ「太陽と海の教室」・映画「僕らがいた」では涙する演技も大変好評でした! あの泣く演技は本当にそそられてしまいます……。

今回のドラマ「わたし、定時で帰ります」では青春でもなければ、悲劇でもなさそうなので、そういった演技ではない部分で共感をさそえるかどうかが見どころになりそうです!

ただ、過去のお仕事ドラマでは演技が“下手”“子供っぽい”と言われることも!?

過去のドラマ「ガリレオ」内で警察役でしたが、福山雅治さん主演で柴咲コウさんの後続役を務めました。

福山さんと柴咲さんのコンビの後を任されたので、比較されてしまったことが大きな要因になったかもしれません……。

今回のドラマでは信念を曲げない、芯の強い女性を違和感なく演じられるかが楽しみですね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です